2013年06月30日

箱根行ってきました

大変ご無沙汰しておりました。

かなりの遠距離通勤の上、仕事の方が忙しくてなかなか更新出来ませんでした。顔(汗)

そう言う状況だったために、我が家としては結構なアニバーサリーだったにも関わらず、箱根二泊三日というごく簡素な記念旅行に行って参りました。(最初は、ヨーロッパ、次は北海道とだんだん小規模になり、最後には箱根ということで落ち着きました。顔(イヒヒ)

まぁ上記の場所だと、当然らんひなコンビは置いていく事になるので、なんだかんだ言いながら結局それが嫌だったと言うのが本音なんでしょうが...。

と、言う事で箱根でのらんとひなの写真を数枚

芦ノ湖の水門近くにある広場で走り回るふたり。時期外れなのか誰もいなかったのでドッグランではありませんが...
Hakone 2013-01.JPG

蘭とらん、山中湖の花の都公園の温室で胡蝶蘭をバックに
Hakone 2013-02.JPG

容量制限に達したので、残りの写真は後日掲載させて頂きます。



ニックネーム らんとひなのパパ at 00:20| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

怪盗ひな

今日は写真なしで、ちょっとだけ失礼します。

先日の日曜日にひながしでかした悪事をご報告させていただきます。

散歩をかねて夕食の買い物に車で出かけました。我が家の車はいわゆるステーションワゴンというやつです。荷台が広く使えるのがメリットですが、一方で荷台の中が見えるというデメリットもあります。ですので、通常トノカバーという荷物隠しがつくのですが、使い勝手が悪いの外しっぱなしです。

つまり後席と荷台の間の行き来は簡単にできます。

で、散歩を済ませ。弊店間際の半額セールでゲットした食材を積んで自宅に帰り着きました。

ところがいつもと少し様子が異なりました。とにかく車に置き去りが一番嫌いなひなは、車が停まるといつも『早く降ろせ』と催促するのですが、なぜかこの日は行方不明。

てっきり歌人が連れて降りたのかと思い、らんを連れて家に入ってたずねると『知らない』と。顔(なに〜)

まさか忘れてく筈も無いと、車に戻り荷台を見るとなにやら黒い背中が...exclamation&question

『何やってんだ』と抱き上げると、舌をぺろぺろさせながら少々お冠。特にパンとかは無かったので、何かのにおいに反応したのかと思ったのですが...

後ほど判明した事態、それはお刺身や豚肉には目もくれず、買い物袋の一番下に入れてあった牛肉(ちょっと高級品)のパックの一部が破られ、半分近くが消滅しているという事実でした。顔(泣)

もちろん消えた牛肉はひなの胃袋の中。油断も隙もあったもんじゃありません。人間様はごくわずかのお肉を分け合う羽目になってしまいました。犬(笑)

犬の嗅覚恐るべし
ニックネーム らんとひなのパパ at 16:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

ちょっと話は遡って

ご無沙汰しています。

先週の木曜日にインドネシアから無事帰国したのですが、その後も仕事が忙しくて家にいる間は、娘たち同様、食べてるか、寝てるかの状態になっていました。

インドネシアは、タイ以上に狂犬病が多いらしく、街中でワンコを見かける事は無かったですね。タイでは写真こそ取り損ねましたが、結構ユニークな光景を目にすることが多かったんですが。

ところで少々話が遡りますが、GW中に群馬県の太田市に出かける事になりました。車検が近い13年乗っている愛車を乗り換えるか否か迷っていて、取りあえず熊谷市にある某ドイツ系大衆車メーカーのディーラーに行ったのですが、太田市のディーラーになら試乗車があるとのことで、まぁGWだし暇だしと言う事で足を伸ばして出向いた訳です。

まぁ車の事はさておき、一通り試乗が終わった頃には既に夕暮れも近く、らんとひなの散歩の時間が迫っていました。何分土地勘もない太田市ということでどうした物かな、と思案していたところ、家人が試乗中に神社みたいなとこを通ったというので、取りあえず行ってみようという話になり、試乗コースをなぞっていくとお目当ての神社にたどり着きました。

冠稲荷神社という結構由緒ある神社のようで、鎮守の杜自体は然程広くは無い(幼稚園、結婚式場などが敷地を占拠)のですが、神社の建物や参道にはそれなりに歴史を感じさせる物がありました。

そこで見つけたのがこれ、

Kanmuri Inari.JPG

なんとペット専用の祠があり、ペット祈願が出来るようになっていました。ただ飼い主がペットの健康を祈願するのか、ペット自身が今夜旨いものにありつける様に祈願するのか謎ですが。

神社の建物は、日光東照宮のようなきらびやかな様式で、結構見応えがありました。

Kanmuri Inari 2.JPG
ニックネーム らんとひなのパパ at 13:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする